『ヤバイ集中力』が手に入る神ライフハック45個

【驚愕】マクドナルドのポテトは体に悪い!心臓病発症リスクを増大させる可能性がある。

マクドナルドのポテトは体に悪い!心臓病発症リスクを増大させる可能性がある。

マクドナルドのポテトってどれだけ体に悪いの?

このような悩みにお答えします。

マクドナルドのポテトは体に悪い!ってよく耳にするけど、ポテトの何が悪くて、体のどこが悪くなるんだろう?と疑問に感じている人に向けた記事になっています。

結論から言いますと、将来の健康を考えるとマクドナルドのポテトは控えた方が賢明です。

マクドナルドのポテトが大好き!マックでポテト食べることが習慣になっている!という人は本記事を読んでみて、ぜひあなたの健康について考えるきっかけになればと思います。

マクドナルドのポテトは体に悪い!

マクドナルドのポテトが体に悪い理由を説明します。

マクドナルドでポテトを揚げるために使われている油ってご存知ですか?

マクドナルド公式サイトの質問コーナーで公に発表しているのですが、マックで使われている油には牛脂とパーム油のブレンド油(ショートニング)が使われています。

牛脂の油に関しては健康にはさほど影響はありませんが、問題なのがパーム油と呼ばれる油です。

そこで、体に悪い原因となっているパーム油について詳しく説明していきます。

ポテトに使われている「パーム油」の正体

パーム油ってなに?

パーム油とは『固めても溶かしても使える万能な油』のことです。

溶かして液体にした場合は、ポテトチップス、カップ麺、フライドポテトの揚げ油として使われます。パーム油を使えばサクッとした触感の食品を作ることが簡単にできることで有名な油なんですね。

さらにパーム油は安価で手に入ることができ、食品メーカーにとって、とても使いやすい油です。

しかし、安価で手に入る油の見返りとして、私たちの体にとってマイナスに作用するものが多く含まれているということが分かっています。

それがトランス脂肪酸!!

トランス脂肪酸で心臓病発症リスクが増大する

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を増加させて、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を減少させる働きがあります。

このコレステロールの増減により、心臓発症リスクが増大するということが研究で分かっているんですね。

注意
マクドナルドのポテトだけでなく、トランス脂肪酸が含まれている食品は全てこれが該当します。コンビニで売られている、スナック菓子、菓子パン、カップラーメン、チョコレートなんかは全てトランス脂肪酸の元となるパーム油(ショートニング)が使われているので、心臓病発症リスクを上げる可能性があるというわけです。

実は、マクドナルドのポテトが体に悪い理由はトランス脂肪酸だけではありません。

ポテトを揚げることで出てくる「アクリルアミド」という成分が、私たちの健康をさらに害していることが分かっています。

ポテトを揚げると出てくる「アクリルアミド」の恐怖

ポテトを揚げると出てくる「アクリルアミド」の恐怖

もともとアクリルアミドは工業用で使われていた物質で、ガンや繁殖障害を起こすことが知られていました。

そのため、あくまでも「公害問題」として実態を調査していたスウェーデンで、食品中にもアクリルアミドが含まれていることが偶然分かったんです。

公害の原因になっているアクリルアミドが食品にも入ってるって怖いですね

特にこのアクリルアミドは120度くらいの高温で加熱した炭水化物(イモや小麦粉、米粉)に大量に含まれているということが分かっています。

つまりマクドナルドのポテトや市販のポテトチップス、ドーナツ、スナック菓子には大量のアクリルアミドが含まれているということです!

アクリルアミドには発ガン性の高い物質で有名です。

毎日のようにマックのポテトばかり食べていると、肥満や糖尿病になるだけでなく、発ガンのリスクもあるということなんですね。恐ろしいと思いませんか?

そもそもマクドナルドのポテトは塩分過多

マクドナルドのポテトに含まれる塩分量は、サイズごとにおよそS/0.5g、M/0.8g、L/1.1gです。

一般男性の場合、一日摂取していい塩分の目安量は7~8gと言われています。

そこでマックのポテトとハンバーガー、ナゲットなどと一緒に食べると、一日の塩分量の半分は余裕に越えてしまう可能性があります。塩分の取り過ぎになってしまいます。

塩分をとりすぎると、血管や心臓に負担がかかり、動脈硬化や心臓肥大が進みます。 その結果、脳卒中や心筋梗塞、心不全、不整脈、腎不全など、多くの循環器病が起こることになるんです。

どうしてもマックでポテトが食べたいんだよ!

という方は、マックポテトを塩抜きで注文してみることをオススメします。

基本的にマクドナルドは「ピクルス抜き」「野菜抜き」「お肉抜き」「パン抜き」など「~~抜き」はだいたいOKとされています。(値段は変わらないのでご注意を)

マックに来てまで健康に気をつかうのはどうかと思いますが、塩分が少しでも気になる!という方はマックポテトを塩抜きで注文してみてはどうでしょうか?

マクドナルドに行く頻度を控えてみよう

マクドナルドに行く頻度を控えてみよう

健康を気にしておいしいものを我慢するよりも、体に悪くてもおいしいものを食べた方が幸せなんだ!

確かに、食に対する価値観は人それぞれだと思います。

マックでポテトを食べようが、それはあなたの自由です。

ですが、マクドナルドばかりで食事をとっていると、あなたの体を悪くして寿命を縮めてしまうことは事実として存在します。

健康問題はあなただけの問題ではありません。家族に迷惑をかける可能性だって十分にあるのではないでしょうか?

1つ筆者からのアドバイスで以下のような対策をうってみるもの1つの手です。

  • マクドナルドに行く頻度を下げる
  • マクドナルドのポテトよりもおいしくて健康に良いものを探してみる
  • ポテトを頼むときは「塩抜き」で注文してみる

できることから実践してみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です